つめきり

爪切り

セラピストの仕事をはじめることにした2001年、何かひとつ良い道具を買おうと思って手に入れたのが、このヘンケルスの爪切り。爪が伸びていたらちゃんと仕事できない。そういえば、タイ式を勉強した、最初の授業の時に先生に爪切りのことを言われたんだった。

いまはアウトレットモールにヘンケルスが入っていたりするけれど、当時はなかなか売ってなくてネットで探して手に入れたのでした。爪切りにしては高級品。

この爪切りは、切れた爪を飛ばないように収めておくさやもないし、ヤスリも付いていません。だから、切った爪はどこかに飛んで行ってしまうこともある。でも、ヤスリなんかなくても問題ないくらい、スパッときれいに爪が切れる。実は爪やすりも、私はチェコ製のガラスでできた、とても良いものを持っているんだけど、その出番はほとんどありません。

 爪切りなんか100均でも買えるけれど、この爪切りを使いはじめたら、他のものを使った時に「切れなくて気持ち悪い」って思うようになった。

何の手入れもしてないし、ちょっと爪以外の物を切ったこともあってはじっこが欠けていたりするけれど、それでも今もスパッと私の爪を切ってくれるのでした。

またパチパチと爪切りをした牡羊座新月の本日。さて、今度はこの手で何をしましょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*