子宮のデトックス

施術の予約時にお客様が生理と重なる時、私はご本人が気にならなければ施術させてもらうことにしています。もしもオイルの施術でちょっと心配という時は、ご自分のショーツの上から紙ショーツを着用してもらっています。生理痛が辛い人は軽くしてあげたいし、そもそも女性にとって生理というのは月に一度のデトックスの大チャンスです。私の施術は、タイ古式でもロミロミでも、あるいはヒーリングでも、ひたすら「浄化、デトックス、排出…」のみを心がけてやっていますので、この時に私の施術を受けておくと、普段以上にとても効果があります。

そして先日2ヶ月ぶりくらいにいらっしゃったお客さま、前回来たときは月経の始まりの頃でした。その時はホットストーンセラピーのメニューで、お腹の施術も入れたのですが、その翌日の出血がいつもよりもびっくりするほど大量だったと言っていました。悪いイメージでそう言われたのではなく「子宮の中に溜まっていたものが一気に出た」という感じだったそうで「そんなに早く効果が出るとは思わなかった」と、とても驚いておられました。

子宮に1ヶ月間溜まったものが排出されるのが生理です。ですが、子宮内の水分が不足していたり冷えていたりすると、うまいこと排出できずに子宮の中に老廃物が残ったままになっていることがあるようです。そしてこれが筋腫の原因になったりもします。

うちに来るお客さまは女性がほとんどなので「子供が欲しいんだけどなかなかできない」と相談される方がたまにいらっしゃるのですが、その時私が勧めるのが子宮のデトックスです。水分を子宮に貯める、そしてとにかく温める。その後、おりものや月経で「不要なものが出た!」という感じがしたら妊娠することが多いですよ、と伝えます。実際、私も「子宮のデトックスをこころがけて大量出血の生理があった翌月」に妊娠しました。産後すぐとか、流産してしまった後にまた妊娠される方が多いのも「子宮がきれいになった」からだと言われています。

子宮のデトックスにはいろいろと方法があるのでそれをお伝えして、私もボディの施術をしながらAmazingLightで子宮お掃除のヒーリングをしたり、お腹全体を温めるような施術をしたりするようにしています。でも、最近はそのようなご相談が少なくなっていたのもあり、この方の施術の時も、あまり意識せずに「お腹あっためときましょう〜」みたいな感じでホットストーンセラピーをしていただけでしたが、生理と重なっていたのもあって、ものすごい効果が出たようでした。

今なんとなく流行っている「デトックス」ですが、断食して腸の掃除をするとか、感情を隠さず涙することとか、部屋の掃除をするとか、断捨離をするとか、まあいろんなことにこの「デトックス」という言葉が使われています。そして私たちのいちばん身近にありつつもなかなか意識できていないのが「子宮のデトックス」だったりします。子宮には過去の恋愛の思い出とか、子供の頃の悲しいこととか、いろんなものが溜まっていますよ。ぜひ子宮のデトックス、してみましょう!お気軽にご相談くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*